ガーラ湯沢とガラコンサート

111030_1453~02.jpg ガーラ湯沢とガラコンサート

gala.jpg

クラシック音楽などのイベントや何かの記念のコンサートで、「ガラ・コンサート」というのを聞いたことがありませんか。

スターの競演のときも「ガラ」という言葉を使ったりします。

 

また、只今スキーシーズンの真っ最中ですが、スキーといえば新潟に「ガーラ湯沢」という人気のスキー場があります。

⇒ ガーラ湯沢

この「ガラ」と「ガーラ」という言葉は、とても覚えやすいのですが、どういう意味なのでしょうか?

 

実は「ガラコンサート」や「ガーラ湯沢」の「ガラ、ガーラ」はまったく同じものなのです。

英語の「饗宴、豪華」などの意でgalaがありますが、英語では「ゲイラ」や「ギャーラ」と発音するようで、「ガラ」や「ガーラ」とは印象が違いますね。

 

もともと gala はイタリア語であり、発音も「ガーラ」なので、イタリア語が一番近いかもしれません。

 

イタリア語で gala  (ガーラ)とは、「大宴会、大饗宴、豪華」という華やかな宴を指します。例えば、

una serata di gala (ウーナ セラータ ディ ガーラ)「饗宴の晩」

abito di gala (アービト ディ ガーラ) 「晴れ着、正装着」

といった意味になります。

 

あの「ガラコンサート」や「ガーラ湯沢」が、こんなイタリア語とつながっているとはおもしろいですね。

 

logo_small.jpg vocabolario

  • gala 
    「大宴会、大饗宴、豪華」
  • una serata di gala 「饗宴の晩」

  • abito di gala 「晴れ着、正装着」

 

 

Share on Facebook