青色のいろいろと、マリナーラ

111030_1453~02.jpg 青色のいろいろと、マリナーラ

mare.jpg

青は azzurro (アッズッロ)とお伝えしました。観光地で有名なカプリ島の「青の洞窟」も、Grotta Azzurra  (グロッタ・アッズッラ)でしたね。

この「青」ですが、英語のブルーと同じく blu (ブル)というイタリア語もあります。そして、もう一つ「青」には、celeste (チェレステ)があります。

どれも「青」です。違いは「明るさ」で、「明るい→濃い」の順番に並べると、

celeste、azzurro、blu

celeste は「空色(そらいろ)」、azzurro は「青」、blu は「紺色(こんいろ)」といったところでしょうか?

ちなみに海の色を「マリンブルー」といいますが、イタリア語では

blu marino (ブル マリーノ)です。

この marino は「海の」という意味です。

サッカーJリーグのチームに「横浜マリノス」がありますが、こちらの marinos は、スペイン語の「船乗り」で、よく似ていますね。ユニフォームも、ブルーなので、まさに blu marino です。

また、ピッツァ・マリナーラは、pizza marinara とつづり、「海の、船乗りのピッツァ」⇒「魚介のピッツァ」となります。

ひとりごと

私は趣味で畑をやっているのですが、なんと今年は小麦が豊作(もちろん無農薬・無肥料!)。

が、農家さんではないので、刈りとり、脱穀作業、製粉まで、すべて手作業。地道です。仕事そっちのけで、ほとんど毎日、作業しております。

古代ローマや古代エジプトも小麦を食べていたとか。

自分は農機具も使ってないし、この作業は古代エジプトより前かも、と思ったりして。

小麦はパンやフォカッチャにして食べる予定です。いつになることやら…。

Share on Facebook