ベネッセコーポレーション

ベネッセコーポレーション

「赤ペン先生」で有名なベネッセ

「赤ペン先生」で有名な「進研ゼミ」は、ベネッセコーポレーションによって運営されていますが、「ベネッセ」はみなさまもご存じのブランドですね。今回は教育ビジネスでは日本でもトップクラスのこの「ベネッセ」を取り上げてみましょう。

どうして「ベネッセを?」と思われるかも知れませんが、イタリア語を学ぶ上で、とてもよいネーミングだからです。

 

さて、この「ベネッセ」は、benesse とつづりますが、分解すると、

bene + esse

の2つに分けられます。両方ともラテン語なのですが、それぞれ意味があり、

「よい、正しい」という意味の bene

「生きる、暮らす」という意味の esse

この2つを組み合わせた造語だったのです。「よく暮らす、よく生きる」ための会社という企業理念をあらわしていたのですね。

 

イタリア語に極めて近いbenesse

もうここまで来るとお分かりと思いますが、イタリア語はラテン語を起源としていますから、bene + esse はイタリア語で

bene + essere

となります。本当によく似ています。essere bene (エッセレ ベーネ)というともっとよくわかるでしょう。

essere は、英語のbe動詞にあたるのですが、動詞だけではなく、そのまま「存在」として男性名詞としても使われています。

一方、bene も

Parli bene inglese.

「君は英語を上手に話すね」のように副詞として使われていますが「善、良いこと」という名詞もあります。

それにしても、ベネッセコーポレーションの「ベネッセ」には「よく暮らす、よく生きる、良い存在であること」という深い意味があったとは驚きでした。
↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

 

 

Share on Facebook