旅のイタリア語(2)

イタリアへの出発直前、旅先でイタリア語を少しでも使いたい、という方のためにカンタンなイタリア語をまとめています。

1.とても便利な表現

~, per favore. (ぺル ファヴォーレ)―「~を下さい。~をお願いします。」
―これほど役に立つ表現はないかもしれません。レストラン、バール、ショッピングでも大いに役に立ちます。

―「~」のところに、名詞(たとえばun cappuccino)を入れればいいのです。
―Un cappuccino, per favore.で「カプチーノをひとつ下さい。」となります。

Scusi. (スクーズィ)―「ごめんなさい、すみません。」
―英語のexcuse me.(エクスキューズ)の「エク」をとると・・・「スキューズ」(scusi)

Posso ~? (ポッソ)―「~してもいいですか?」
―「~」に動詞(例えば、fumare「たばこを吸う」)を入れると「たばこを吸ってもいいですか?」となります。

Quanto costa? (クアント コスタ)―「いくらですか?」
―買い物に便利な表現です。日本語でも「コストがかかる」なんて言いますが、そのコストと costa は同じ語源です。

 

2.色

nero  (ネーロ) 「黒」

bianco  (ビアンコ) 「白」―vino bianco 「白ワイン」

rosso  (ロッソ) 「赤」―vino rosso 「赤ワイン」

blu  (ブル) 「青」

verde  (ヴェルデ) 「緑」
―サッカーJリーグのチーム「ヴェルディ」と関係あります

viola  (ヴィオーラ) 「紫」

giallo  (ジャッロ) 「黄色」

arancione  (アランチョーネ) 「オレンジ」

 

旅のイタリア語(3)

イタリアへの出発直前、旅先でイタリア語を少しでも使いたい、という方のためにカンタンなイタリア語をまとめています。

1.道・場所をたずねるとき

Dove’e`~? (ドヴェ) 「~はどこですか?」
―道に迷ったとき、行きたいところをたずねたいとき便利な表現です。

―「~」に行きたい場所を入れれば、イタリア語がわからくてもジェスチャーで教えてくれるでしょう。「~」に入るイタリア語の例は↓です。

  • la toilette (ラ トワレッテ) 「トイレ」
  • la stazione (ラ スタツィオーネ) 「駅」
  • l’aeroporto (ラエロポルト)「空港」
  • l`albergo (ラルベルゴ)「ホテル」
  • il ristorante (イル リストランテ)「レストラン」
  • il bar (イル バル)「バール」
  • il museo (イル ムゼーオ)「美術館」
  • la banca (ラ バンカ)「銀行」

2.「私は~です」というとき・・・

Sono giapponese. (ソーノ ジャッポネーゼ) 「私は日本人です。」
―sono は「私は~です(I’m ~)」という意味なので、「~」に名前を入れても使えます。

Sono Hiroko. (ソーノ ヒロコ) 「私(の名前)はひろこです。」