@とカタツムリ

@とカタツムリ

111030_1453~02.jpg @とカタツムリ

chiocciola.jpg

今回は外来語ではありませんが、身近な@がテーマです。

メールアドレスに使う、「@」の「アットマーク」は、ご存知ですね。これは、英語の at をもとにしています。

ところが、イタリア語では、全然違うのです。「@」のカタチをよーく見て下さい。

なんだか渦を巻いていませんか?

そうです。イタリア語では、「@」を、「カタツムリ」という意味の、chiocciola (キオッチョラ)と言うのです。

アットマークと違い、可愛らしい言い方ですね。メールアドレスを伝えることは多いので、覚えておくと便利です。

ちなみに、楽器のヴァイオリンも、先端が渦巻きになっているので、この部分も

chiocciola と言います。

 

帝王切開とタリアテッレ

帝王切開とタリアテッレ

以前、二人のローマ皇帝の名前、Julius(ジュリウス)とAugustus(アウグストゥス)から、luglio(ルリオ、7月)と、agosto(アゴースト、8月)になっていることをお伝えしました。

もう一人、有名な古代ローマ皇帝があることばになっているのです。

それは「帝王」です。

「帝王」とは、ドイツ語のKayser(カイザー)の訳なのですが、カイザーこそCaesar(カエサル、古代ローマ皇帝)からできたことばなのです。(カエサルは、ジュリウス・シーザーともいいますね)

ただ、帝王切開がなぜ「帝王」なのかは、諸説あるようです。カエサルは帝王切開で生れた、といった説まで登場しています。

イタリア語でカエサルは、Giulio Cesare(ジュリオ・チェーザレ)といい、帝王切開のことを、Taglio Cesareo(ターリオ チェザーレオ)といいます。

ちなみにこのtaglioは、「切断、切ること」の意で、パスタのtagliatelle(タリアテッレ)や、tagliolini(タリオリーニ)の、元にもなっていることばです。

正反対のことわざ

111030_1453~02.jpg 正反対のことわざ

以前ご紹介した、韓国語の市吉則浩さんという方が、韓国語のおもしろさのひとつに、日本語と表現がとてもよく似ていることがある、とおっしゃっていました。

たとえば、「話に花を咲かせる」という表現は、韓国語にもあるそうです。

市吉さんのインタビュー記事はこちらからです。

実は、日本語とイタリア語のあいだにもあるのです。

「二度あることは三度ある」という表現で、

Non c’e’ due senza tre.
(ノン チェ ドゥーエ センツァ トゥレ)
といいます。一方、まったく正反対のものもあるのです。

日本には「三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵」という諺がありますが、Chi fa da se’fa per tre.

という諺は、「1人でやれば3人分できる、3人でやるより1人でやった方がうまくいく。」という意味なのです。考え方が全然違う、というのも面白いですね。これぞ異文化です。

そういえば、私がイタリア語である面接を受けたとき、イタリア人からアドバイスされました。

質問をよく聞いて答えなさい、と言われるのかと思ったら、「喋りまくれ。相手に質問する時間を与えるな。」とアドバイスされ、びっくりしたことを覚えています。