「山の向こう」の夕暮れ

【本日のテーマ:「山の向こう」の夕暮れ】

~22 gennaio, 2010 ~

♪先週は、朝のalbaとauroraのお話をしましたので、今回は「夕暮れ、日没、夕焼け」についてです。

 

夕暮れはイタリア語でtramonto(トラモント)といいます。

tra‐は、ラテン語源で「向こうに、越えて」という意味。

montoは「山」のことを指します。

monte(モンテ)や、montagna(モンターニャ)も「山」ですね。

有名なアルプスの山、Monte Rosa(モンテローザ)のmonteです。

 

この山のイメージがつかめるとtramontoが「山の向こうに沈む太陽=夕暮れ」となって、
この単語が、身近になってきます。

 

これでalba、aurora、tramontoはもうバッチリですね。

 

♪昨日、あるEラーニングについての勉強会で、イタリア語をネタにお話しする機会をいただきました。

 

私は今、丸暗記せずにイタリア語を学べるEラーニングを制作中です。

 

いずれみなさんにも公開の予定です。

楽しみにしていてください!

朝はアルバムとオーロラ

111030_1453~02.jpg 朝はアルバムとオーロラ

aurola.jpg

今年もイタリア語にまつわる楽しい話題をお伝えしますので、よろしくお願いします!私は、今年になってからなぜか早起きです。明け方、夜空が白から、だんだんとオレンジ色へと変化する光景は、清々しい気分になります。

イタリア語では東の夜空が「白く」なるときを

alba (アルバ)
といいます。写真帳のことをアルバム( album )といいますが、これも「真っ白い」台紙を指しているんですね。
albus (白い)というラテン語からきています。

alba のあとに、だんだんと太陽が昇ってくる日本語でいう「曙(あけぼの)」は、イタリア語で、
aurola (アウローラ)といいます。
なんとアラスカなどで見られるあのオーロラと同じ単語だったのです。ということで、本日の aurola (写真上)です!

残念ながらイタリアではありませんが…