マスカラと仮面舞踏会

 

maschera.jpg女性のマスカラは「仮面」 

女性がお化粧でつける「マスカラ」ですが、これは英語で mascara と綴ります。 これは、もとはスペイン語の mascara から来たようです。

イタリア語だと maschera といいます。意味は「仮面、マスク」なんですね。 maschera ははじめにアクセントがあるので、「マースケラ」といった感じです。

mascherare (仮装させる、仮面をかぶせる)という動詞もあります。お化粧の「マスカラ」からだととても連想しやすいですね。

ときどき、仮面のようなお化粧の女性もいらっしゃいますが、それはさておきましょう。

 

仮面舞踏会

ちなみに中世からヨーロッパの宮廷で大流行した「仮面舞踏会」は、ヴェネツィアが発祥とされ、イタリア語ですと、

un ballo in maschera (ウンバッロインマスケラ)

といいます。ballo は「舞踏会」で、ballerina(バレリーナ)から想像することができますね。

 

logo_small.jpg vocabolario

  • maschera (女性名詞) 「仮面、マスク」
  • mascherare
    (動詞) 「仮面をかぶる」
  • ballo
    (男性名詞) 「舞踏会」

 

ひとりごと 

この間、イタリア語と関係するびっくりネタを見つけたのでご紹介しようと思っていたのですが、ウラがとれていないので、またの機会にします。

スクープをみつけた新聞記者が、確証を得られずにいる、そんな心境でしょうか?(大げさでしたね)

『バッテラ寿司』

 

『バッテラ寿司』

——————————————————–
~ 10 settembre, 2010 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

battero.jpg

 

鯖の押し寿司である「ばってら」をご存じと思います。
おいしいですよね。

でも、このバッテラというのは
どうも日本語の響きではなさそうだと思いませんか?

調べてみたところ…、わかりました!

「ばってら」は、
ポルトガル語で、「小さい船」を意味する
bateira(バティーラ)から来ているそうです。

いわれてみればたしかに船のように見えます。

そして、なんとイタリア語にも、同じ語源で
battello(バッテッロ)という言葉があるのです。

battelloの意味はもちろん「船」ですが、
「ボート、小船」ではbarca(バルカ)がよく使われます。

バルカローレという音楽のスタイルがあるのですが、
これはbarcarola(バルカローラ)、

つまり「船乗りの歌」のことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【イタリア語をマナブには】

このメルマガを1ヶ月間、毎日受けとるだけ。
ベーシックイタリア語が学べます。

▼ https://itacica.com/lettera_meltre.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ひとりごと】

日本は、江戸時代からポルトガルと交流があり、
カステラや、テンプラ、ビードロなども
ポルトガル語が由来です。

イタリア語やスペイン語とよく似たポルトガル語が
英語より先に日本に入ってきており、

日本人がイタリア語に親しみやすいのも
そうした影響もあるかもしれませんね。

ヨーロッパでもお寿司が人気ですが、
まさか「ばってら寿司」がbattelloとつながっていることが
わかるイタリア人はいないでしょうね。

 

バッテリーとバッテリー


mailma_battere.jpg今年の野球のペナントレースは
大いに盛り上がっていますね。

野球では、ピッチャーとキャッチャーをあわせて、「バッテリー」といいます。一方、電池のことも「バッテリー」といいます。

何か関係があるのでしょうか?ここは、語源を辿ってみることにしましょう。

このbatteryの語源は、ラテン語のbattuereで、「打つ」という意味です。

イタリア語の動詞にも同じ意味で、battere(バッテレ)があります。「打つ」ことから「打って何かを発するもの」つまり野球のボールや電気を発するもの、ということで、「バッテリー」となったのですね。

イタリア語の動詞battereは、「打つ、たたく」という意味で日常的に使います。

例.Battono alla porta.
(とびらをたたく)

スポーツでは「(相手を)たたきのめす」としても使います。

Derby all’Inter, battuto il Milan 2-0

とあったら、「ダービーでインテルはミランを2対0で打ち負かした」となります。今日は、「バッテリー」からbattereという動詞を学びました。

ちなみに「戦い」の「バトル(battle)」や、野球の「バット(bat)」も同じ語源です。