バレリーナ

111030_1453~02.jpg バレリーナ

先日、バレエの公演のお手伝いをする機会がありました。バレエダンサーの鍛えられた身体だけでなく、舞台前の入念な準備なども間近にみることができ、とてもいい経験になりました。

日本語では「ダンサー」という言葉のほかに、「バレリーナ」という表現をしますが、特にクラシックバレエの女性ダンサーのことをバレリーナと呼ぶようですね。

ところで、このバレリーナは、正真正銘のイタリア語であることをご存じでしたか?

つづりはballerina、発音は「バッレリーナ」で、意味も日本で使われているものと同じなのです。

それではクイズです。ballerinaを元にすると、イタリア語の「踊る」という動詞がすぐに想像できます。

ちょっと簡単だと思いますので、「私たちは一晩中踊ったよ。」をイタリア語にしてみて下さい。

 

  • ballerina (女性名詞) 「バレリーナ」

 

ブルージーンズ

111030_1453~02.jpg ブルージーンズ

bluejeans.jpg

ビックリネタ、ジーンズの由来

今回のネタはイタリア人から聞いたびっくりもの。それは世界中で愛されるブルージーンズ(いわゆるジーパン)の由来です。

英語では blue jeans と書きますが、なんとこれはイタリア語の、

blu di Genova (ブル ディ ジェノヴァ=ジェノヴァの青)

から来ているのです。イタリア語の blu とは、英語の blue のこと。

ジーンズ ← ジェノヴァ
ジェノヴァはイタリアの港町で、あのサッカーのカズがイタリアで初めて入ったチームもここでした。

古くから港町として栄えていたのですが、ここでは、船の帆や、運ぶ商品を包む布として「青色」の布地が使われていました。

その後、いろいろな経緯を得て、ブルージーンズという名前の由来となりました。

もとは blu di Genova、そして、それがフランス語の blue de Genes (ブルー・ドゥ・ジュネ)となり、最後に blue jeans になったと言われています。

アメリカの香りがプンプンするジーンズの名前の由来がイタリアだったとは、なんだか面白いですね。

エッセンシャルオイル

111030_1453~02.jpg エッセンシャルオイル

essential.jpg

女性に人気のアロマテラピー

女性に人気のあるアロマテラピーで使うオイルは「エッセンシャルオイル」と呼ばれています。日本語では「精油」とも言うようですね。

(私もときどき使いますが、なんか女性ぽい感じがしてしまうのはなぜでしょう?)

また、お菓子を作るときに使う「バニラエッセンス」という香料もあります。

この2つの「エッセンス( essence )」という言葉は「本質的なところ、大事なところ」というの意味が元です。

さてこれが一体、イタリア語とどう関係しているのか? 私の腕の見せどころ(!?)です。

essence という単語をじーーっと見て下さい。イタリア語のある超基本単語が見えてきませんか?

そうですね。

essence は英語のbe動詞にあたるイタリア語 essere と関係しているのです。ラテン語の esse から、essence が「本質的なもの」つまり「存在そのもの、核心的な存在」となり、「存在する」という動詞でイタリア語の essere になりました。

イタリア語を習うとすぐ登場するのが essere 動詞で、活用を sono sei ...と覚えたりしますが、このエッセンスを利用するとカンタンですね。