バッティングフォームとチーズ

バッティングフォームとチーズ

スポーツのフォームとチーズ

野球やテニス、ゴルフなどのスポーツで「あの選手のフォームは美しい」などと言うことがあります。イチロー選手のバッティングフォームも美しいですね。

この「フォーム」というのは日本語ではなんと言うのでしょう?

カタチ? 様式? 姿? 形式?

なんだかスポーツでいうところの「フォーム」に該当する日本語はないような気がします。それだけ「フォーム」という外来語が日本語のように浸透しているのでしょう。

さて、このフォームというのは英語で form とつづるのですが、ラテン語の forma (フォルマ)を語源としており、イタリア語にはそのまま forma (フォルま)という単語があります。

例えば、(cilindrica (=「円筒状の」))

Sul tavolo c’era uno strano oggetto di forma cilindrica.

といえば、

「テーブルに、円筒の形をした変なものがありました。」となります。(←それこそなんか変な例文ですね。)

 

フォームとチーズの関わりとは?

では、今回のテーマである「フォームとチーズ」ですが、一体何の関わりがあるのでしょう?

ヒントは、チーズを製造するところにあります。冒頭の写真を見ていただければわかるように、チーズというのは、円径のようなある「型」をとって作られ、それが切られて売られています。

つまり製造のための丸い「型」( = forma )に流し込まれて発酵して作られたのがチーズであり、イタリア語の

formaggio (フォルマッジョ )

の forma だったのですね。チーズという意味のイタリア語に、こんな「フォーム」が隠されていたのです。

 

 

 

 

ベネッセコーポレーション

ベネッセコーポレーション

ベネッセコーポレーション

「赤ペン先生」で有名なベネッセ

「赤ペン先生」で有名な「進研ゼミ」は、ベネッセコーポレーションによって運営されていますが、「ベネッセ」はみなさまもご存じのブランドですね。今回は教育ビジネスでは日本でもトップクラスのこの「ベネッセ」を取り上げてみましょう。

どうして「ベネッセを?」と思われるかも知れませんが、イタリア語を学ぶ上で、とてもよいネーミングだからです。

 

さて、この「ベネッセ」は、benesse とつづりますが、分解すると、

bene + esse

の2つに分けられます。両方ともラテン語なのですが、それぞれ意味があり、

「よい、正しい」という意味の bene

「生きる、暮らす」という意味の esse

この2つを組み合わせた造語だったのです。「よく暮らす、よく生きる」ための会社という企業理念をあらわしていたのですね。

 

イタリア語に極めて近いbenesse

もうここまで来るとお分かりと思いますが、イタリア語はラテン語を起源としていますから、bene + esse はイタリア語で

bene + essere

となります。本当によく似ています。essere bene (エッセレ ベーネ)というともっとよくわかるでしょう。

essere は、英語のbe動詞にあたるのですが、動詞だけではなく、そのまま「存在」として男性名詞としても使われています。

一方、bene も

Parli bene inglese.

「君は英語を上手に話すね」のように副詞として使われていますが「善、良いこと」という名詞もあります。

それにしても、ベネッセコーポレーションの「ベネッセ」には「よく暮らす、よく生きる、良い存在であること」という深い意味があったとは驚きでした。
↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

 

 

モノクロとモノトーン

モノクロとモノトーン

monocromo

モノクロとモノトーン

今でもおじいさん、おばあさんの世代は、映画やテレビがすべて白黒であった時代を知っており、「昔のテレビはみんなモノクロだったんだよ」と、言います。

また、私が大学生だった頃(15年ほど前ですが)、女の子の学生の間で黒が大流行したことがありましたが、そういうときは「この冬は、モノトーンのファッションが人気」なんていう言い方をします。

 

そもそも、この「モノ」というのはなんでしょうか?

今回は「モノ」にスポットを当てて、イタリア語に迫ってみましょう。

 

モノのmono-とは?

この「モノ」の mono- とはモノクロやモノトーンから連想されるように、「単一の、一つの」をあらわすギリシア語が起源の接頭辞(せっとうじ)です。

ですから、

mono (一つの)+クロム(色)で「モノクロ」

mono (一つの)+トーン(色調)で「モノトーン」

となっているのですね。

イタリア語でももちろん mono- といえば、「一つの、単一の」であり、モノクロとモノトーンはイタリア語でそれぞれ、

monocromo (モノクローモ)

monotono (モノートノ)

となります。

モノポリ」という駒とサイコロで不動産を独占(=一人占め)するゲームもありますが、日本人であるわれわれも、モノトーンやモノクロを通じて mono- のニュアンスを知っているとはおもしろいですよね。

それでは、カンタンなイタリア語クイズです。

monocolore

これはどういう意味でしょうか?

 

 

すぐわかりますね。答えは「単色」です。

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

 

手紙の追伸「P.S.」

手紙の追伸「P.S.」って何?

最近はメールが主流となってきたので、手紙を手書きで書くことは少なくなってきました。ですが、やはり手書きの手紙というのはいいものですね。

手紙の最後に付け加えることがあるときは、

「P.S. 余談ですが…」

などと書きます。

 

ところが、ほとんどの人がこの「P.S.」の略の元が何であるかは知らないのではないでしょうか。

これは、じつはラテン語なのです。

ラテン語の postscriptum が語源となって、英語の postscript それが、「P.S.」になっています。

 

イタリア語にも通じるpostscript

では、イタリア語とどうつながってくるかというと…、

postscript を分解してみると、2つのイタリア語が浮かびあがってくるのです。

まずはじめの post は「後に」を意味する接頭辞(せっとうじ)といわれ、首相でも「ポスト小泉」は誰か?などといわれますね。

つまり、小泉の「後は」の after なわけです。

ですからイタリア語の domani 「明日」に post がつけば、posdomani 「明後日」となるんですね。(tは省略されます)

一方、scriptum は、ご存じ scrivere 「書く」という動詞の過去分詞で scritto とよく似ています。つまり

「P.S.」は、post scritto 「後で書かれた」

ということになるのです。イタリア語では t が省略されて poscritto とも記します。

こんな身近なところにもイタリア語につながるヒントが隠れていました。

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村