フローズンとカウダ

フローズンとカウダ

neve

フローズンとカウダ

先日は関東地方で大雪でした。私も家の前を何年ぶりかで雪かきをしました。それでも豪雪地帯の方々にとっては、この程度の雪は数えるうちに入らないでしょうね。

今日は「寒い・暑い」のイタリア語を、いつものように外来語から学んでみましょう。

 

まずは、「寒い」です。

英語では、freeze(凍らせる)、frozen (凍らせた)、refrigerator(冷蔵庫)という単語で「fr-」が幹となっています。

フローズンヨーグルトの frozen もそうですね。

「fr-」が幹となるのはイタリア語でも同じで、「寒い」を freddo (フレッド)といいます。冷蔵庫は frigorifero (フリゴリーフェロ)です。

 

では「暑い」はなんというのでしょう?

フォンデューに似た北イタリアの料理で、ここ数年で流行している bagna cauda (バーニャ・カウダ)をご存知でしょうか?

この cauda は、イタリア語の caldo (カルド=「暑い」)の方言です。bagnaは「ソース」の意ですので、バーニャ・カウダは「暑いソース」ということなんですね。したがって、caldo といえば「暑い」となります。

会話のときは動詞の fa をつけて、

Fa freddo.

Fa caldo.

といえば、「寒い、暑い」となります。

 

余談ですが、真夏のイタリアで、ある有名な美術館を訪れたとき、2階が閉まっています。どうしてか?と尋ねたところ、

―Fa troppo caldo.

つまり「暑すぎるので閉めた」ということで、びっくりしたことがありました。

 

インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルス

インフルエンザというイタリア語

冬になると風邪がはやり、インフルエンザの季節でもあります。私は風邪とインフルエンザの区別もよくついていないのですが、今日は「インフルエンザ」という言葉がテーマ。

ズバリ、結論から言いますと、インフルエンザは由来も含めて正真正銘のイタリア語です!

「アカペラ」と同じように、これほど日本人に知られずに広まっているイタリア語も少ないのではないでしょうか。

 

インフルエンザは「影響」という意味しかない!?

インフルエンザはイタリア語で、influenza と書きますが、もともとの意味としては「影響」しかありません。

この用語は14世紀頃、イタリアのフィレンツェで流行った風邪が、寒さや星の「影響」ではないかとされ、インフルエンツァ( influenza )と呼ばれていたことが起源のようですね。

さらに調べてみると、1743年にイタリア風邪が流行して、それが英語化したようです。

ということで、外来語がそのままイタリア語として使える「即席」言葉なのです。例文として、下の( )を埋めてみましょう。

La televisione ha molta (     )sull’opinione pubblica.

「テレビは世論に多くの影響をもつ」

わかりましたね。また、influenzare という動詞もあります。

La tua opinione mi ha molto (       ).

「君の意見は、僕にとても影響を与えたよ。」

となります。

インフルエンザからあっという間にイタリア語の学習ができてしまいました。

 

(答)influenza, influenzato

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村