そばとアラブ人

a0007_002771_m

「そば」はイタリア語で?

和食は寿司をはじめとして世界でも人気が出てきているので、そばも soba で通じることがありますが、イタリアではどうでしょうか?pasta giapponese でもいいかも知れませんが、うどんとは区別できませんね。

説明するには、いろんな表現がありますが「そば粉」のことは grano saraceno (グラーノ サラチェーノ)といいます。フランス人はそば粉のクレープを食べますし、イタリア人も食材としてよく知っています。ですから、pasta di grano saraceno といえば、通じるでしょう。

意味は「サラセン人(saraceno)の小麦(grano)」とでもいいましょうか。

サラセン?

サラセン人?

今回はこの saraceno にご注目です!

 

「シャッター」のイタリア語は?

私はそば粉が grano saraceno ということを知って、あれ?と思いました。なぜならイタリア語で住宅や店舗の「シャッター」のことを saracinesca (サラチネスカ)というからです。何か似ていませんか?

 

saraceno とは?

じつは、saraceno というのは「サラセン人」のことで、世界史をよくご存じの方はサラセン帝国というのを聞いたことがあるでしょう。

サラセンは「イスラム」とほとんど同じ意味で使われ、サラセン人といえば「イスラム教徒、アラブ人」を指しているのです。

ですから、アジアが原産とされるそば粉は、イスラム(サラセン)を伝ってヨーロッパにもたらされたので、grano saraceno となったのでしょう。また「シャッター」は、サラセン人の鎧戸(よろいど)が由来にあるため、saracinesca となりました。

そば、シャッター、サラセン人、と一体、何がつながるかと思ったら、意外な接点があったのですね。

 

vocabolario

「サラセン人」に親しんで(?)いただいたところで、学んだイタリア語を整理してみましょう。イタリア人に「そば」を説明することは、結構ありそうですね。「シャッター」は知っていたら、イタリア人もびっくりするかも知れませんね。

grano saraceno (男性名詞) 「そば粉」
pasta lunga di grano saraceno
―「そば」

grano saracenoの発音はこちらから↓

 

saracinesca (女性名詞) 「シャッター、よろい戸」
Alzare la saracinesca di un negozio.
―「店のシャッターを開ける。」

saracinescaの発音はこちらから↓

 

サッカーでは、鉄壁のゴールキーパーのプレーを評して saracinesca という表現を使うようです。閉まったシャッターのようにゴールできないという感じでしょうね。

saraceno (形容詞) 「サラセン人(の)、アラビア人、イスラム教徒(の)」
l’esercito saraceno
―「イスラム軍」

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

テニスの「オムニ」コート

テニスの「オムニ」コート

omni_court

テニスコートのいろいろ

テニスの全米オープンで先日(2014年秋)、錦織選手が大活躍しました。小柄な錦織選手が長身の選手をスピードで打ち負かすのは見ていて爽快ですね。

ところで、テニスコートにはいくつか種類があります。

全米オープンはゴムのハードコート、全仏オープン(フランス)は砂のクレーコート、伝統の全英オープン(ウィンブルドン)は芝のグラスコートです。

それからオムニコートというものもあります。人工芝でできており雨上がりでもすぐプレーできるため、全天候型コートといわれています。

 

オムニコートとオムニバスの omni

このオムニコートの「オムニ」と、映画などでオムニバス映画というときの「オムニ」、この「オムニ」からある大事なイタリア語が学べます。

詳しく見てみましょう。

「オムニ( omni )」とはもともとラテン語で「すべての」という意味があります。

テニスの全天候型のコートをオムニコート( omni court )と呼んでいるのは、「すべての」天候に適応した、という意味でこんな名前がついたのでしょう。

オムニバスの omnibus は、もともと「すべての人のため」というラテン語で、そこから「誰もが乗る乗り合いの車、バス」として使われるようになったり、ある監督やテーマの作品の「すべて」をまとめたものなどをオムニバスというようになりました。

 

イタリア語では omni ⇒ ogni

イタリア語では「毎日」のことを ogni giorno (オンニ ジョルノ)というように、omni が変化して ogni となりました。

イタリア語を習うと出てくる単語のひとつがこの ogni ではないかと思います。「すべての、おのおのの、それぞれの」という形容詞なので、とてもよく使われます。英語では every ですね。

われわれ日本人に縁もゆかりもないイタリア語だと思っていたものが、実は身近にあった、というのはよくあることで、それがこの ogni でした。

 

毎日、毎週、毎月

「毎日、毎週、毎月」は、イタリア語で ogni giorno, ogni settimana, ogni mese とそれぞれいいますが、オムニバスやオムニコートの omni から ogni を見直してみると、とても親しみが涌いてきませんか?

ちなみに、14世紀の詩人ダンテ・アリギエーリの叙事詩である『神曲』の地獄篇第三歌の有名な一節には、

Lasciate ogne speranza, voi ch’intrate.
「汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ」

がありますが、ここに ogni speranza (すべての望み)が登場しています。(これは当時の古いイタリア語ですから ogne となっています。)

それでは ogni の発音を聴きながらおさらいしてみましょう!

 

vocabolario

ogni という形容詞に親しみがわいて、使ってみたくなればしめたものです。用例を下にあげておきます。

ogni (形容詞)「すべての、おのおのの、それぞれの」
ogni giorno 「毎日」

 

―in ogni modo 「どんなことをしても」
―in ogni caso  「いずれにしても」

ognuno (pronome indef.) 「各人、めいめい」
Oguno lo sa. 「各人がそのことを知っている。」

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

アルプスとアルバム

LeAlpi

アルプスとアルバムの共通点とは?

白い雪で覆われた美しい山々の「アルプス」は alps、

白い紙(台紙)で綴られた写真帖の「アルバム」は album と英語でつづります。

どちらも「白」と、alp-、alb-に共通点があることがわかるように、 alp- alb-は、「白」を表す語源となっています。

遺伝子疾患のひとつである「先天性白皮症」は 「アルビノ」と呼ばれますが、こちらも albino で、alb- ではじまっています。

 

イタリア語の alba とは?

そこでイタリア語の登場です。

alba です。

alba は、「夜明け、日の出」という意味で、たしかに太陽の昇る直前、空は白く染まりますね。

発音は「アルバ」で、アルプスやアルバムのことを意識して発音してみると、語感の豊かな広がりを感じることができます。

ちなみにアルプスとアルバムはイタリア語でそれぞれ alpi album です。

身近な外来語や英語をじょうずに生かせば、 イタリア語も気軽に学べます。

 

それではalbaの発音を聞いてみましょう!

 

vocabolario

まとめ―alp-,alb-は「白」に関係しています。

alba (女性名詞)「夜明け、曙」

⇔ tramonto (男性名詞)「日没、日の入り」

album (男性名詞) 「写真帳、アルバム」

Alpi  ( Le Alpi ) (女性名詞、複数) 「アルプス山脈」

 

イタリアにあるアルプスに関する情報をまとめているサイトをご紹介します。

Alpi italiane

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村