パトロンとパトリオット

パトロンとパトリオット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近ではあまり使われなくなりましたが、才能ある芸術家を芽が出るまで育てたりする人を「パトロン」ということがあります。

イタリアのルネッサンスも、メディチ家など芸術家の後援者がいたからこそでしょうね。

また、「愛国者」のことを英語で「パトリオット(ペイトリオット)」といい、
アメリカ軍の兵器の名前に「パトリオットミサイル」というものまであります。

このパトロンとパトリオットは、それぞれ patron と patriot とつづります。

pat- ではじまるこの2つの言葉の語源をたどって理解すると、イタリア語の大事な言葉のいくつかがカンタンにわかるようになるのです。

その語源とは、ラテン語の pater (パテル)、つまり「父」に行き当たります。

ここが原点です。

「父」から「主人」とか「祖国」へとつながり、「パトロン」、「パトリオット」になったのですね。

 

さて、paterを語源とした肝心のイタリア語ですが、

イタリア語の「父」は padre (パードレ)、「主人」は padrone (パドローネ)、「祖国」は patria (パートリア)といいますが、全部語源は同じであることがすぐわかります。

さらにはまた patrimonio (パトリモーニオ)も、「遺産、相続」ですが、これも「父から受け継ぐもの」と考えると、すっと理解できますね。

 

それではイタリア語の patria と patrimonio を聴きながらおさらいしておきます。

 

 

vocabolario

padre (男性名詞)「父」

padrone (男性名詞)「主人」
padrone di un cane 「犬の主人」

patria (女性名詞)「祖国」
lottare per la patria 「祖国のために戦う」

patrimonio (男性名詞)「遺産、相続」
patrimonio artistico

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

バストとお墓

バストとお墓

busto

 

「バスト」はなんとイタリア語由来の英語

「バスト」は、胸部、特には女性の胸部のサイズを言うのに一般的な外来語として使われています。ところがこの言葉の由来を探ってみると、あるイタリア語に出くわし、ちょっと意外な展開になるのです。

まず「バスト」という外来語ですが、これは英語の bust から来ており、その英語はなんとイタリア語の busto (ブースト)がもとになっているのです。

イタリア語で busto といえば、われわれがバストから想像できるような「上半身、胸部、バスト」の意味がありますが、その他にも意外な意味があり、これが今回のおもしろいテーマにつながってきます。

 

バストはお墓?

イタリア語の busto の意味には「胸、バスト」と同時に「胸像」があるのですが、ここまではバストから連想できると思います。(冒頭の写真のようなものが胸像です。)

ところがさらに古語としてあまり使われませんが、とても意外な意味があるのです。それはなんと「お墓」なのです。バストからは想像もつきませんね。

というのも、busto の語源であるラテン語の bustum は「お墓」という意味で、なぜならその昔、墓石の上に死人の胸像を飾り立てていたからなのです。

そういわれると「お墓 ⇒ 胸像 ⇒ バスト」がつながってきませんか?

それではイタリア語の busto の発音を聴いてみましょう。

 

vocabolario

バストから学べてしまう、イタリア語を整理してみます。ちょっと日本語の「バスト」という言葉のイメージまで変わってきますよね。

busto (nome m.) 「上半身、胸部、バスト、胸像、(古語として)墓」
―fotografia a mezzo busto 「上半身の写真」
―un busto di Garibaldi 「ガリバルディの胸像」

bustino (nome m.) 「コルセット」

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

ホンダとオンダ

ondaオンダケイスケ?

サッカーのスター本田圭佑選手は、イタリアサッカーの2014年のシーズンでとても活躍しているようですね。

まさに「波に乗ってきた」というわけで、イタリアの新聞では、本田(honda)と、「波」という意味の onda (オンダ)とが掛け合わされて記事になっていることが多いのですが、日本人のわれわれからはあまりピンときません。

しかしイタリア人にとっては、honda も onda も同じなのです。なぜなら、イタリア語は ho の h を発音しないからです。hobby も「オッビー」、hotel も「オテル」、honda も「オンダ」と発音するのです。

 

イタリア語にハ行なし

外来語をのぞいては、イタリア語で H ではじまる単語はありません。そしてハヒフヘホの発音も(特定の地方をのぞいては)ないのです。ハ行はア行になってしまいます。

論より証拠、オンライン辞書で H ではじまるイタリア語の一覧がありましたので、ご紹介しておきます。

http://dizionari.corriere.it/dizionario_italiano/h.shtml

 

ということで、onda (波)の発音を聴いてみることにしましょう。

 

vocabolario

onda (女性名詞)「波」

 

ちなみに、この onda は、カンツォーネとして日本人にも有名な「サンタルチア」の歌詞にも登場しています。2画面目の歌詞、Placida è l’onda (波は静か)にも登場しています。

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ

火山と神々

Etna Sicilia

御嶽山の噴火(2014年9月27日)は、本当に悲しく、衝撃的な天災となりました。亡くなられた方々とご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

この噴火では、多くの人が自然を畏怖するような気持ちをもったと思いますが、私もその一人です。今回は、イタリア語とともにそんな畏怖心をもって文章をつづりたいと思います。

 

火山の「ヴォルケイノ」

火山のことは英語で volcano (ヴォルケイノ)といいますが、英語らしからぬ発音・つづりだと感じたことはありませんか?

なんと volcano の由来はイタリア語で、イタリア語では vulcano とつづり、「ヴゥルカーノ」と発音するのです。

 

語源はローマ神話の神

語源は、古代ローマ神話の火の神「Vulcanus(ウルカヌス)」から来ており、神と山がつながることは、日本とよく似ている気がします。

日本には古くから山自体が信仰の対象とされ、禁足地とされている山もあるということも、なにか神と自然との関わりが感じられます。

日本も火山の多い国ですが、イタリアもシチリア島にある Etna(写真)や、古代ローマ時代の噴火で有名な Vesuvio は、活火山としてよく知られています。

 

それではイタリア語の vulcano を発音してみましょう。

 

vocabolario

vulcano (男性名詞)「火山」

vulcano attivo 「活火山」

 

↓↓↓ 「へえーなるほど」と思ったらクリックいただけると嬉しいです!他にもイタリア語に関する楽しいブログがたくさんありますよ。


イタリア語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村