フレスコ画、とれたて野菜

フレスコ画、とれたて野菜━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ STEP 1 ♪(お時間のない方はここだけ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「フレスコ画」というのをご存知ですか?

 

イタリア・ルネッサンス期の壁画などで、盛んに用いられた絵の描き方です。

 

この「フレスコ(fresco)」は、ずばりイタリア語。意味は「フレッシュ(fresh)、新鮮」ということです。

 

でも、壁画とフレッシュは結びつきませんね。どういうことかというと、絵の描き方にヒントがありました。

 

このフレスコ画は、壁に漆喰(しっくい)を塗って、その漆喰が乾かないうちに、つまり「フレスコ(fresco)」な状態で、顔料で絵を描くことからきているのです。

 

フレスコはフレッシュということですから、野菜でも新鮮でとれたてのものは、イタリア語で、frescoと言います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪ STEP 2 ♪ (さらにステップアップされたい方は)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

frescoは「新鮮な」という意味のほかに、「涼しい、冷たい」という意味もあります。

 

例えば、

acqua fresca(アクアフレスカ)

といえば、「冷たい水」ということになります。

 

ちなみにこのacquaは「水」です。

同じ語源としては、スポーツドリンクのアクエリアスaquariusがあり、名前の由来は「水瓶座」のラテン語の英語読みだそうです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください